沿革

2000年4月9日  石川県言語聴覚士会 設立 正会員数 50名

      同日  設立記念公開講演会 
           「後悔しない医療を受けるために」 ささえあい医療人権センターCOML代表 辻本好子氏

2001年1月14日  第1回北陸言語聴覚学術集会 開催 (福井県・富山県と共催)    

2001年4月8日  設立1周年記念市民公開講演会
           「言語障害に対する地域リハビリテーション―北海道の現状と課題―」
             (株)オイレス 地域リハビリテーション推進部長 高橋育子氏

2002年4月14日  設立2周年記念市民公開講演会
           「脳卒中・失語症になって見えてきたもの―現役看護婦が発病し復職するまで―」
             日本医科大学付属病院 副看護部長 長谷川幸子氏
           「妻が障害者になって」 桜新町リハビリテーションクリニック院長 長谷川 幹氏

2002年10月18日、10月29日、11月14日  石川県保険医協会との共催事業 
                          シリーズ「摂食・嚥下障害のリハビリテーション」

2003年4月13日  設立3周年記念市民公開講演会
           「『障害』者・高齢者の自立を考えるーノーマライゼーションをめざす地域リハビリテーション」
             日本リハビリテーション病院・施設協会会長 澤村誠志氏

2003年10月5日、10月19日  石川県保険医協会との共催事業
                  「摂食・嚥下障害のリハビリテーション」 能登・加賀地区開催

2006年5月20日・21日  第7回日本言語聴覚士協会総会・日本言語聴覚学会 開催主管
               大会テーマ:「地域における言語聴覚士の役割―コミュニケーション障害のある人の生活支援」

2006年11月19日  第1回石川県言語聴覚士会学術集会 開催 

2007年8月18日  「言語聴覚の日」市民公開講座
            「自閉症―支援の見立てとコミュニケーション指導」
              北里大学非常勤講師、宮城県中央地域子ども支援センター 言語聴覚士・臨床心理士 藤原加奈江氏

2008年8月30日  「言語聴覚の日」市民公開講演会
            「老人にも明日がある―熱い思いここにあり―」 (医)真正会理事長、(社福)真寿会理事長、他 斉藤正身氏

2010年8月31日~9月9日  10周年記念展示(石川県庁19階展望ロビ)

2010年9月4日、5日  10周年記念公開講座

2011年9月4日  「言語聴覚の日」市民公開講座及び展示

2012年4月4日  一般社団法人石川県言語聴覚士会設立登記完了

2012年4月22日  任意団体から一般社団法人石川県言語聴覚士会へ移行 正会員144名